研修会・事業
職域専門部会 地域専門部会 学術部
  職域専門部会
 
部会名 主な事業 目 的  ・  内 容
医 療 生涯教育実務研修会 ①医療連携 ②褥瘡 ③呼吸器疾患
生涯教育実務研修会 ①緩和医療 ②精神疾患  ③チーム医療
病院栄養関係職員
医療安全対策研修会
①衛生管理について ②災害対策 ③調理師にも解る臨床栄養
第1回中国・四国地区
リーダー育成研修会
病院関連職域管理栄養士の中国四国9県の代表により平成31年度の上半期の議題について検討する。
第2回中国・四国地区
リーダー育成研修会
病院関連職域管理栄養士の中国四国9県の代表により平成31年度の下半期の議題について検討する。
日本栄養士会医療事業部研修会
(第39回食事療法学会)
2020年度診療報酬改定について
医療専門部会だより 会員及び医療関係者に対し、医療分野における栄養管理に関する情報提供
学校健康教育 生涯教育実務研修会 学校健康教育専門部会に属する栄養士が、食と栄養の専門職としてその責務を果たせるよう資質の向上を図る。
①献立作成、食材管理 ②配膳・調理
生涯教育実務研修会 ①栄養教育のための栄養生理 ②多職種連携 ③スポーツ栄養
研究・教育 青年期の職生活改善事業 高校生、大学生、20代社会人の食生活に問題が多く、対応が求められている。そこで高校生、大学生に食生活を自覚し、必要な知識を付与することを目的とする。 下関市食育事業に併せてポスターを展示し、来場者に質問調査を行う。
山口県栄養士会研究教育専門部会研修会 ①全国研修会の伝達 ②全国研修会等で示された課題等の検討 ③その他専門部会内の現状と課題の検討
研究教育事業部全国
リーダー研修会
全国の動向、最新の知見を学び、広く展開する。研修内容のメール伝達、伝達研修(翌年度実施)
公衆衛生 生涯教育実務研修会 ①ライフステージに対応した取り組みなど事例を通じた政策立案、多職種連携について
②小児から高齢者までの摂食・嚥下機能のメカニズム、口腔ケア、食事の支援について
地域活動   生涯教育実務研修 ①指導媒体 栄養指導の指導媒体作成に有益なPCを利用したツールやPPの作成などを学ぶ
②地域活動栄養士の基本的知識 昨年実施した実態調査の分析やより効果的な活用方法など、具体的で実践的な方法を習得し、発表や論文作成に生かせる。
地域活動事業部全国リーダー会議 全国の動向、日栄の地域活動に対す津方向性などの最新情報と最新の知見を学び、会員に啓蒙する。
福 祉  生涯教育実務研修会 ①摂食・嚥下機能(講義、演習)
生涯教育実務研修会 ①地域連携 ②災害時対応 ③高齢期の栄養
全国研修会の伝達
全国研修会の伝達

  地域専門部会
   
部会名 主な事業 目 的  ・  内 容
岩国地域 「歯と口の健康フェア」どんなおやつを食べる?おやつの選び方 小さいお子さんと保護者におやつの望ましいとり方についての啓発を行うことで、健康づくりへの意識の向上を図る。
対象者:岩国市民 約100名
会員及び一般向けの研修会 研修会を実施することにより、会員の資質を向上させるとともに、栄養士会の活動を啓発し、組織強化を図る。
対象者:会員及び一般 30名
「いきいき・わくわく・にっこり」健康スポーツフェスタ スポーツを日常的に楽しむことは、健康な心や体づくりだけではなく地域づくりに大きな役割を果たすことから、健康づくりとスポーツに親しむ場を市民とともにつくり、健康づくりへの意識の高揚を図る。
対象者:岩国市民 約300名
平成31年度 岩国市地域包括ケア推進大会 岩国市民が要介護状態になっても、住み慣れた地域せ自分らしい暮らしを続けるkとができるために、介護に関する食事のアドバイスや介護食の紹介をし、食生活のサポートを行う。
対象者:岩国市民 約120名
柳井地域 嚥下に関する勉強会 嚥下に関する基礎知識と実践方法を学び、嚥下食を試食して適度な硬さやとろみ等を体験するとともに、地域の方や会員間の交流を深める。
対象:会員及び一般 30名程度
柳井まつりにおける食事バランスチェック 地域住民が日頃の食生活を振り返り、バランスのとれた食事を実践するきっかけづくりの場とする。収集したデータを活用し地域住民の食事傾向の把握に生かす。
対象:柳井まつり参加者 200名程度
周南地域 光市おっぱいまつりにおけるカッテージチーズ作りを体験「栄養ワンダー2019」参加 「おっぱいまつり」にちなみ、乳製品摂取とカルシウム摂取の意識付けを目的とし、「栄養ワンダー2019」へ参加し、栄養の重要性をつたえ、管理栄養士・栄養士に親しんでもらう。
対象:まつり参加者 約120名
あなたの野菜足りちょる?~栄養バランスのよい食事を目指して~ 野菜摂取量の工場を目的とし、1日の野菜摂取目標量である350gを計量体験する。また、SATシステムを用いて、日常の食事の野菜摂取量をチェックする。 実物の野菜や模型を使用することで日常の野菜摂取量や食事内容がわかりやすく、野菜を積極的に摂取するきっかけづくりの場とする。
対象:①ぶち元気がいいね!フェスタ(周南市)参加者130名
    ②下松市福祉健康まつり(下松市)参加者150名
    ③ふれあい・健康フェスティバル(光市)参加者100名
地域健康づくり事業(周南地域に対する生活習慣予防) 健康課題である糖尿病、脳血管疾患、心疾患を防ぐには、主たる原因となる生活習慣病の予防が大切である。周南地域の参加者が生活習慣病予防のための望ましい生活習慣・食習慣・食事内容などについて知り、 調理実習をとおして日常生活に取り入れる方法を学ぶ場とする 3回開催
対象:周南地域市民の方 各回20名程度
防府地域 防府地域専門部会研修会 防府地域専門部会としての組織強化を図る。他業種栄養士と交流し、栄養士同士の仲間づくりを行う。活動状況や食と栄養に関する情報提供を行う。
対象者:会員及び会員外で防府市に勤務する栄養士
おいしく食べて元気で健康なまち ほうふ を目指して 野菜摂取量向上のための普及啓発
野菜摂取量増加のためのきっかけ作りをする。
対象:一般市民 20名
市場で学ぶ・食べる・健康料理教室 野菜摂取量向上のための普及啓発。
野菜摂取量を増やす料理を提案し、野菜を普段の食生活に取り入れてもらうことを目的とする。
対象者:一般市民 20名
山口地域 生活習慣病予防のイベントにおける啓発活動 :健康相談・パネル展示
健康寿命延伸をめざす市民への健康づくり支援を行う成果ス習慣病予防の重要性を伝え生活習慣改善のきっかけづくりとする
対象:山口市民・コメディカルスタッフ
楽しい食育教室
~野菜を食べよう~
健康な生活習慣の必要性を知り、魚・野菜摂取の必要性(内容・量)について理解を深める
対象:山口市内の小学校親子 20組(40名程度)
宇部地域 もっと野菜を食べよう。 野菜摂取の必要性及び1日の必要量を知る。また地産地商の推進。地元の野菜を使用したレシピの紹介や試食
対象者:地域住民 80名
栄養診断ゲーム
~バランスの摂れた食事~
地域住民が自分にあった食事をバランスよく摂取できるようになるために、食生活の改善を考えるきっかけになることを目的とする。食育SATシステムを使用し、昼食を振り返ってもらい、改善点を一緒に考える。
対象:①宇部市地域住民 150名
    ②山陽小野田市地域住民 200名
へら塩大作戦 第3弾 生活習慣病予防のため、塩分摂取量について考えるきっかけになり、減塩に取り組む手助けを行う。
対象者:地域住民 100名
下関地域 スポーツ栄養~運動前後でとりたい食事 ツール・ド・下関に参加し、運動前後での効果的な食事の摂取方法と改定される2020年食事摂取基準をもとに自分の適正量を知り、運動による消費エネルギーを正しく理解する。 適正な摂取で、日々の栄養・食生活の自己管理による健康増進につなげられるようする。
運動前後の効果的な食事内容(展示・リーフレット配布)、あなたの適正エネルギー量、運動後のよい食事って?~クイズ
対象:一般市民 約200名
口から食べることをみんなで考えようⅤ 高齢者本人や地域に密着し在宅への食生活改善を推進する推進員と介護をするケアラーに社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上のための個々にあった適切な食事量、 形態などの知識を学ぶ。
講義:「介護食を知ろう~低栄養にならないために」
    「ひとり1人が幸せに過ごせるための食介護」
試食:介護食、食欲低下時のおいしい料理
対象:地域の高齢者・認知症等の家族と食生活推進委員 30名
食育しちゃおう~絵本から飛びだした食べ物たち 子育て中の両親とその子どもたちに食事について早くから興味を持っていただき、食べることの大切さや奥深さを身近な絵本からの料理を取り入れ、 楽しく食育に取り込めるようにする。「絵本から飛びだした食べ物たち」絵本の朗読、調理実習
対象:子育て中の親と子ども 20組(40人程度)
北浦地区 いきいき食生活講座 地域の方々と交流を図るとともに、生活習慣病の発症予防と重症化の予防の情報提供を行う。また、調理実習を行い、家庭で実践することで、食生活の改善へとつなげていく。
対象:地域住民 100人程度
スポーツ栄養~部活で活躍するために~ 中学生と保護者を対象にスポーツ栄養の講座を開催し、スポーツ栄養の知識や判断力を身につけ、健全な食生活を実践し、部活動で活躍できるようにする。
講話:スポーツ栄養について
対象者:中学生と保護者 30人程度

  学術部
■生涯教育研修会申込 様式
   基本研修受講申込書 ・・・   【WORD】  【PDF】
   実務研修受講申込書 ・・・   【WORD】  【PDF】
【①生涯教育基本研修】
 
    単位数 内  容
第1回 2019年7月14日
山口県総合保健会館
第1研修室
オリエンテーション 平成31年度の生涯教育について
キャリアノートの説明
講義1 (選択)2-4 栄養(食物)と医薬品の影響
山口大学医学部附属病院 薬剤部 坂井康仁
講義1 (必須)4-9 栄養管理のモニタリング・再評価
広島女学院大学 教授 石長孝二郎 
演習1 (必須)4-9 栄養管理のモニタリング・再評価
広島女学院大学 教授 石長孝二郎 
第2回 2019年9月28日
山口県総合保健会館
第1研修室
講義1 (選択)5-3 食物アレルギー
山口大学大学院医学系研究科 教授 長谷川俊史
講義1 (必須)4-10 栄養管理記録
山口大学医学部附属病院 副栄養治療部長 有冨早苗
演習1 (必須)4-10 栄養管理記録
山口県済生会豊浦病院 栄養管理科技師長 田尾郁恵
第3回 2019年11月4日
山口県セミナーパーク
大研修室
講義1 (選択)8-3 労働基準法
山口県労働基準局 労働基準監督課
講義1 (選択)4-6 個人を対象にした栄養指導
神奈川県立保健福祉大学 教授 鈴木志保子
講義1 (選択)4-7 集団を対象にした栄養指導
神奈川県立保健福祉大学 教授 鈴木志保子
講義1 (選択)9 人との関わり方
山口大学医学部附属病院 臨床心理士 佐藤裕子
 
  【②生涯教育実務研修】
 
  日時・会場 単位 講義内容
医療 2019年8月4日
山口大学医学部
第1講義室
講義1 褥瘡(R23-120)
山口県立大学 教授 田中マキ子
講義1 呼吸器疾患(R23-103)
山口大学医学部 准教授 平野綱彦
演習1 医療連携(R412-201)
川﨑医療福祉大学 特任准教授 市川和子
2019年9月18日
山口県総合保健会館
多目的ホール
講義1 衛生管理(R37-101)
山口県環境生活部生活衛生課
講義1 災害時対応(R61-101)
山口大学医学部附属病院 有冨早苗
講義1 臨床栄養管理全般(R90-110)
未定
2019年10月19日
山口大学医学部
第1講義室
講義1 精神疾患(R23-107)
山口大学大学院医学系研究科 准教授 松原敏郎
講義1 チーム医療(R411-101)
山口大学医学部附属病院 理学療法士 金井和明
演習1 緩和医療(R23-200)
広島女学院大学 教授 石長孝二郎
学校
健康
教育
2019年10月5日
山口県総合保健会館
講義1 献立作成(G34-102)
野菜ソムリエ上級プロ 柳井さつき
講義1 食材料管理(G35-101)
野菜ソムリエ上級プロ 柳井さつき
講義1 配膳・調理(G35-103)
株式会社シマヤ 原田大介
2019年11月9日
山口県総合保健会館
講義1 栄養教育のための栄養生理G25-102)
山口大学教育学部家政教育 講師 森永八江
講義1 多職種連携(G411-103)
下松市立下松小学校教諭 榎木道子
下松市立公集小学校栄養教諭 高橋ゆふ
講義1 スポーツ栄養(G21-105)
大塚製薬株式会社
公衆
衛生
2019年9月14日
山口県総合保健会館
講義1 社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上のための政策形成(P21-109)
宇部市共生社会ホストタウン推進グループ
地域・保健福祉支援チーム 理学療法士 泉美津江
講義1 摂食・嚥下機能(P23-118)
綜合病院山口赤十字病院 リハビリテーション技術課
言語聴覚士  江川淳郎
地域
活動
2019年6月29日
(株)ニュージャパンナレッジ
会議室
講義1 指導媒体(T46-110)
食のこんしぇるじゅ 松村史樹
演習1 指導媒体(T46-220)
食のこんしぇるじゅ 松村史樹
2019年9月7日
山口県立大学
研修室
講義1 地域活動栄養士の基本的知識(T90-104)
山口県立大学看護栄養学部 准教授 水津久美子
演習1 地域活動栄養士の基本的知識(T90-204)
山口県立大学看護栄養学部 准教授 水津久美子
福祉 2019年7月21日
山口セミナーパーク
講義1 摂食・嚥下機能(FS23-118、FG23-118)
県立広島大学 教授 栢下淳
演習1 摂食・嚥下機能(FS23-218、FG23-218)
(株)フードケア 高木麻祐子
2019年11月10日
山口県総合保健会館
講義1 地域連携②(FS412-103)
食のこんしぇるじゅ 松村史樹
講義1 災害時対応 FS61-101、FG61-101)
講義1 高齢期の栄養(FS23-122)
小倉リハビリテーション病院 井村沙織