道路運送車両の保安基準の一部改正に伴う
            基準緩和車両の取扱いについて


                                                       国自技第6号
                                                   平成27年4月10日

                                                  国土交通省自動車局

    
道路運送車両の保安基準等の一部改正に伴う基準緩和車両の取扱いについて


      道路運送車両の保安基準(以下「保安基準」という。)第55条の規定による基準緩和の認
     定を受けている自動車であって、道路運送車両の保安基準の一部を改正する省令(平成
     27年3月31日付国土交通省令第18号。 以下「改正省令」という。)等に適合するものの取
     扱いについて、平成27年5月1日以降、下記事項に留意の上、検査業務を実施されたい。

                              記

     1.現に保安基準第55条の規定による基準緩和の認定を受けている自動車であって、改正
      省令による改正後の保安基準第2条第1項括弧書きの告示で定めるもの、同第4条表中
      第3号の告示で定めるもの及び同第4条の2括弧書きの告示で定めるものに該当するもの
      の、基準緩和の処分については保安基準の改正後も有効であるが、改正後の保安基準に
      適合する状態においては、次の(1)又は(2)により運行することができる。
      (1) 改正後の保安基準の全項目に適合する状態で運行する。 この場合には、
        イ 基準緩和の処分の取消し及び自動車検査証の記載事項の変更は行わなくてもよい。
        ロ 基準緩和の処分に係る保安上の制限事項はすべてかからないものとする。
        ハ 道路運送車両法施行規則第54条第1項の規定による車体後面の標識の表示は必
           要ないものとする。 (必ずしも抹消する必要はない。)
      (2) 改正後の保安基準においても、一部の基準を満足しないことから、当該基準を引続き
        和認定により適用除外させた状態で運行する。 この場合には、
        イ 基準緩和の処分の取消し及び自動車検査証の記載事項の変更は行わなくてもよい。
        ロ 適用除外する基準について、当該基準緩和の処分にかかる保安上の制限事項はす
           べて遵守しなければならない。
        ハ 道路運送車両法施行規則第54条第1項の規定による車体後面の標識を表示するこ
           と。
     2.自動車検査証の備考欄に係る基準緩和認定の制限事項等の記載については、使用者等
      からの申出を受け、自動車登録番号を管轄する運輸支局等において職権により処理するも
      のとする。
                                                          以上


 HOMEへ                                                 ページTOPへ