LPガス自動車燃料装置用容器再検査の偽装について

 LPガス自動車の燃料装置用容器については、高圧ガス保安法に基づき定期的な容器再検査が義務付けられておりますが今般、国土交通省より九州管内の自動車整備事業者が容器再検査を実施せずに、合格を偽装し高圧ガス保安法に基づかない刻印等が行われた旨の情報提供がありましたのでお知らせいたします。
 つきましては、鹿児島県LPガス自動車安全協議会作成の下記「LPガス自動車用容器検査偽装の不正刻印について[別紙]」を参考にするなどして、適切な対応をお願いいたします。

※偽装刻印に関する問い合わせ先は以下のとおり
  ○容器の偽装刻印に関すること
    ・鹿児島県LPガス自動車安全協議会     TEL 099−258−7975
  ○高圧ガス保安法に関する問合わせ
    ・九州産業保安監督部保安課          TEL 092−482−5469
    ・鹿児島県危機管理局消防保安課保安係   TEL 099−286−2262




      HOMEへ                                                 ページTOPへ
平成26年度税制改正結果概要(車体課税関係)