事業用自動車の車両火災事故防止に向けた保守管理の徹底について


       標記につきましては、機会あるごとに注意喚起をしているところですが、昨年末から本年2月8日まで
      に6件のバスの車両火災事故が発生しております。
       このため、国土交通省では、平成23年から26年の間に発生した事業用バスの車両火災事故につい
      て、別添のとおり分析を行っております。 バスの車両火災事故については様々な原因が考えられます
      が、今回の分析結果では、点検整備不十分、整備作業ミスといった点検整備に関するものが見受けら
      れます。
       つきましては、同種事故の再発防止を図るため、今回の分析結果中、出火に至る状況として多くを占
      める電気配線ショートや燃料漏れ、ブレーキ引きずりなどを発生させないよう定期交換部品の確実な交
      換の実施、自動車部品の確実な取付けなど、適切かつ確実な点検整備を実施されますようお願いしま
      す。

        【別添】
       バス火災事故の状況について 〜 事業用バスの火災事故58件の分析 〜 (PDF)


      HOMEへ                                                 ページTOPへ

平成26年度税制改正結果概要(車体課税関係)